礒部信一郎

九州産業大学 生命科学部

有機合成化学研究室

礒部 信一郎 Shinichiro ISOBE

研究テーマ|新規蛍光診断薬品に関する研究

 蛍光を発する試薬を蛍光試薬と呼びます。現在は医療、生化学分野を始めとし、ゲノム解析、タンパク質標識などの生体分子検出技術に用いられています。本研究室では、新規蛍光色素(Fig. 1)を医療分野で広く応用する為、病理診断、がん診断薬、感染症の早期診断等の分野で実用化を目指しています。

Fig1_1.png
Fig1_2.png
Fig1_3.png
開発した色素固体液体
Fig.1 本研究室で開発された蛍光色素

  • 有機化学
  • 有機材料機能学 など

担当科目

  • 有機化学Ⅰ
  • 有機化学Ⅱ
  • 有機材料機能学 など

学生の皆さんへメッセージ

 大学は、専門的な学問を学ぶところです。しかし、勉学もさることながら、挨拶や敬語の使い方など、社会に出て一番重要なコミュニケーションを学んでほしいと思っています。一方、専門課程では難しい勉強もしなくてはなりませんが、是非、遊び心と工学部的なものの考え方を習得してほしいと思います。私が思っている工学部的なものの考え方とは、「問題点の発見~原因の推測~解決の手段~手段の実行~結果のまとめ~まとめの説明」です。このような理路整然とした考え方を身につけておくことで、どのような分野に進んでも役に立つと思います。一緒に楽しみながら物作りを学びましょう!

研究業績等






添付ファイル: fileFig1_1.png 100件 [詳細] fileFig1_2.png 27件 [詳細] fileFig1_3.png 21件 [詳細]
Last-modified: 2019-12-26 (木) 08:19:40